艸絲(ソウシ)という言葉
艸(クサ)から絲(イト)をとり布を成し、
艸で屋根を葺き、
艸から種を取り野菜を成す。
人が山や畑、海や川と共に、お互い同化しながら暮らしてきた時代、“モノ”は自然と人を繋ぐ媒体でした。
産業革命以降、機械化によりその繋がりは分断されていき、自給的な自立した暮らしも失われていきました。
江戸時代まで繰り返されてきた飢饉は、先人の知恵と技術の発展によりなくなり、私たちは衣食住に困ることなく生きています。
その恩恵と弊害を受けながら、私たちはこれから何にエネルギーを費やすべきなのでしょうか?
艸絲は、自らの身体で感じ、手を動かしモノを作っていきます。
始ったばかりですが、生涯続けられる生業共同体になっていけたらと思っています。
お針屋艸絲
刺し子の日用品をつくる婦人会。
お針子さん達へ材料を受け渡し、それぞれの自宅で制作を行っています。
犬の散歩、畑、そして刺し子、が朝の日課だという人。介護の息抜きに手を動かす人。刺子と出会えて人生楽しくなった!と毎日針を持つ人。お針子さん達はそれぞれの暮らしの中で、ちくちく刺し子に取り組んでいます。
消費するモノづくりではなく、誰かのためにと手を動かすお針子さん達。
刺し子歴の長い短いはそれぞれですが、長年培ってきた針を持つ手は確かなものです。
艸絲の畑
現在研修中。染料、繊維、野菜、鶏、少しずつ自給していく予定。 畑の様子はブログにてお知らせします。
刺し子教室
1|出稼ぎ出張教室
出張の依頼はご相談下さい。イベントへの出店はブログにてお知らせします。

2|ちくちく定期コース
a|日曜クラス
b|金曜クラス
日時 各クラスともに毎月第二・第四に開催
場所 群馬県吾妻郡高山村尻高107-1 蛙トープ
時間 10:00~12:00
月謝 3000円(材料費別)
定員 各クラス6名程度
申込 Eメール
販売について
直売と受注制作のご依頼
STORES
出店・出張|ブログにてお知らせいたします。
取扱店
つくる暮らし 共にある風景 蛙トープ
手づくり家具工房 HAVE A WOOD TIME
お問合せ